インテリアについて

インテリア 建築家ならではの素材の選択

ディグデザインでは人工的な新建材よりも、安全で風合いのある木/土/紙などの自然の材料で内装を作る事をオススメします。

人間の感覚はとても敏感。特に子供は家で遊びながら木の年輪や無垢の柱を触った感触を学び、いつまでも覚えています。 薄汚れたら張り替えるビニールクロスより、風合いの出る自然材料を大切に扱っていく。時を経るごとに素材の変化も楽しめる提案をしています。

また、私たちは適材適所の素材選びを大切にしています。掃除しやすいもの、柔らかいもの、傷がつかないもの、拭き取りやすいもの。あらゆることを考え設計に取り入れております。

下に移動

丈夫な家の写真居間 家族の集まる生活を思い描く

居間は家族が一番永く過ごす場所。 木や紙をたくさん使って暖かみのある空間にします。 周りからの視線を遮りつつ、外の景色を屋内に取り込む窓も大事な計画の1つです。

大きな窓が欲しいと要望を頂き、全開口タイプのサッシを設置した一例です。 窓を開くと内側からは枠が見えなくなるので、まるで何もないような開放感が得られると人気のサッシです。

下に移動

階段 開放的な階段で家に個性を

階段は上下階の空間が切り替わる中間に位置するパーツ。家中の温度を一定にする装置でもあります。 廊下と階段を区切らず、居間と一体化させれば空間に広がりのある快適な家にすることが出来ます。

子供やお年寄りにとって階段は危険な場所。 明るく緩やかな段差であることは欠かせません。 色の差をはっきりつけることによって立体感を出し、安全に移動できるように設計します。

マンションでは出来ない一軒家ならではの空間です。

仕上げ、床:ナラ集成材オスモ塗装仕上げ、壁:漆喰仕上げ、天井:漆喰仕上げ、手すり・その他:鉄骨

階段

下に移動

家族を繋ぐ家の写真床 直にふれる所だから材質にこだわりたい

仕上げ材料の中でも人が一番触れることの多いのは''床''。

最も良く使われる床材は木のフローリング。夏はひんやり涼しく、足元の冷える冬には床暖房を入れれば一年中快適に過ごせます。 子供が床に座り込んで遊ぶには、衛生的で感触の良い材料が理想です。 用途に合わせた木材を厳選し、適材適所に使用します。

ナチュラルな空間がお好みの方はナラの幅広無垢フローリングがおすすめ。オイル塗装を施せば自然の風合いを長く楽しめます。 色の濃さも自由に調整できますので、お好みのインテリアに合わせてコーディネートいたします。

下に移動

癒しのある家の写真証明 証明デザインは団らんの命

内部照明

家族で過ごす時間の中で最も長いのは夜の団らん。食事のとき、本を読むとき、映画を見るときなどシーンに合わせた快適な照明計画はとても重要です。 器具のデザイン、明るさ、消費電力などを考慮し最適な計画を提案します。

外部照明

お父さんやお母さんが仕事から帰る時間は日が暮れている事がほとんど。夜道に遠くから自宅の明かりが見えるとホッと嬉しくなるものです。

家の廻りを明るくすることは防犯のために大きな効果もあります。長持ちするLEDを使えば、環境にも家計にも優しい明かりを燈すことができます。

LED照明

ペンダントやダウンライトなど部屋を全体的に明るく照らす照明は直接照明と呼ばれます。それに対し、照明器具が直接見えないものは''間接照明''といいます。間接照明は部屋のグレードをグッと上げ、雰囲気のある空間を演出することができます。 近年ではLEDライトの価格も下がってきているので、ローコストでも照明に力を入れることができます。リビングや洗面などの毎日使う空間を柔らかく照らし、高級感のある印象にできるので取り入れる事をおすすめしています。


下に移動

癒しのある家の写真洗面所 働く部屋だから、とことん機能的に作りたい

朝の身支度の時間に混み合う洗面所。多いときでは2.3人が同時に使うこともあります。 無駄な廊下を減らせばスペースを広くとることができます。

大きな鏡、広い洗面カウンターを機能的に配置すれば、忙しい時間でもスムーズに毎日の仕度ができます。 洗濯場や、洗剤・タオル収納を清潔に保てるように細部までいきわたった設計をします。

このお宅では、ご夫婦それぞれが待たずに使えるように洗面台を2つ設けました。壁にはニッチを設け、洗面用具を収納できるようになっています。

下に移動

癒しのある家の写真窓 自然光をふんだんに取り入れる事ができる窓

夏は涼しく、冬は暖かい。理想的な家を作るのに、窓を慎重に計画するという作業は欠かせないものです。 ディグデザインでは一般的なアルミサッシから木製サッシ、樹脂サッシ、スチールサッシなど性能を重視して幅広く設計に取り入れています。 明るい光が差し込む窓と合わせ、壁を和紙や土で仕上げると自然素材ならではの柔らかい質感が楽しめます。 日光を取り込みにくい北側の部屋は、天窓(トップライト)を設置することで明るく空の見える素敵な空間に。 環境や生活に合わせた窓のデザインを提案いたします。